今回の書き物も気楽に読み流せるものにしたいと思います。テーマは「気楽が一番!」というものです。

 「この研究は面白い!」とか「実に興味深い…」(どこかで聞いたような言葉ですが)という言葉を研究者は最上級のほめ言葉としてよく使います。だからというわけだけではありませんが、研究の世界もお笑いの世界もよく似ていると思います。なぜこれらの2つの世界は似ているか、というのにはいくつか理由があるのですが、それらはまた時間のあるときに、またの話にしたいと思います。

 「アメトーーク」や「○○な話」のような当意即妙の切り返しが求められるフリートークの番組も私は大好きなのですが、漫才師であれば頂点の舞台はやはり、ネタを披露する「爆笑ON AIRバトル」(アンテナの関係で現時点では我が家のテレビには映らないのですが)とか終わってしまいましたが「M-1グランプリ」のようなものであると思います。これらの番組も私は大好きです。「M-1グランプリ」はちょっと違いますが、これらのお笑い番組は肩の力を抜いて、気楽に観ることができます。そういった番組をつくるスタッフやキャストの力量は素晴らしいものだと思います。
 先日「アメトーーク」を観ていて、漫才師の「ますだおかだ」の岡田さんのトークに感動してしまいました。背も高く非常に男前で自分に揺るぎない自信があるからこそできると思うのですが、決して他人を嘲笑せず、もし嘲笑の対象があるとすればそれが常に自分になるようにしています。そしてそれがちっとも嫌みにならないのです。
 あまり関係はないのですが、漫才師の「チュートリアル」も素晴らしいコンビだと思います。ネタの中で決して他人を傷つけないようにしているように見え、安心して観ることができます。毒舌やインパクトのある芸は舞台などで一時の笑いは得られるかもしれませんが、時代を越えて残っていくのはやはりそういうものを排した「優しい笑い」のような気がします。他のコンビがツッコミで頭を叩くのも、私は頭がとても重要な部位だということを知っているので、叩かれている人は大丈夫だろうか?と心配になります(たぶん日本以外の国でツッコミ芸が否定されているのも同じ理由によるものだと思います)。だからこれからのお笑い芸人は人の頭を叩かない「優しいツッコミ」を入れるようになっていくと思うのです。
 そういった意味では漫才コンビの「おぎやはぎ」も私は大好きです。彼らの漫才では決して相手を否定するようなツッコミが入れられることはなく、しかもネタは非常に面白いのです。
 私が言う必要もないのですが「M-1グランプリ」にほぼ毎回出場していた「笑い飯」もお笑いの天才芸人だと思います。ネタの素晴らしさもさることながら敗者コメントの「(ここを)一歩も動かんぞ〜!」とか「思ってたんとちゃう(違う)〜!」とか言う一言が、私は涙をこらえて笑いだしたくなるようなもので、本当に大好きな芸人です。アメトーークに出演した時の「笑い飯」の西田君のフリートーク、「どうしても必要な時は私は相手の頭蓋骨を想像しながら人の話を聴くようにしています」とか、説明が難しいのですが、野球のバットの振りまねなど、見事だと思います。他にも大好きな芸人さんはいっぱいいます。

 話はちょっと変わるのですが、研究の世界で講演会などをやると「その研究は何の役に立つのですか?」というような質問が必ず出ます。「こういう質問をすると研究者を苦しませることができる」とかいうような本がでているのではないかという気がするくらいです。科学者は引っ込み思案の人は多いですが、このような質問をするのではなく講演会の内容についてちょっと背景を勉強をすれば、いろんなおもしろい話が聞けるのに、と私は思います。だからその場で質問をするというのはもともと無理な話なのかも知れません。
 製品の開発に即つながる応用研究と違って、基礎研究の分野で良い応用例が見つかったらそれだけで超一流紙に掲載されるようなすごい研究になります。留学している時に、私は非常に面白いと思ったのですがコストが合わないから打ち切りとなった研究の話(オムツの研究開発の話だったのですが)を聴かせていただくことがありました。誰でもすぐに思いつくような応用例はあまり大したものではないことが多いので、こういう質問を研究者にしてみてもあまり意味はありません。もし本当に興味があったら自分で考えて(時には研究して)みるのが良いと思います。例えば文章の暗号化には数学の整数論の研究成果があちこちに使われているのですが、数百年前の数学者たちがそういう応用例を思いついていたとは思えません。言いたいのは繰り返しになりますが「良い応用例にはそれ単独で素晴らしい価値がある」ということなのです。
 ちょっと横道にそれるのですが以前京都大学の教授であった岡田節人先生は「マスコミは数学者が発見をしたときには、ヒトに応用できるかは訊かないが、発生屋(発生生物学者)には必ず訊いてくる」という言葉を残しました。けだし金言であると思います。

 インターネットに「2ちゃんねる」という掲示板があります。この掲示板が出来た頃は他人の立場を考えない罵詈雑言を含んだ書き込みの嵐でした。しかしながら希望的観測も込めて言いますと、最近の若い学生などは「参加人数が大勢で、匿名で参加可能な有用巨大掲示板」という方向に、「2ちゃんねる」の認識の方向を変えてきているような気がします。つまりかなりマイナーな分野でもこの掲示板で質問すれば、日本のどこかによく知った人がいて適切な回答が返ってくる、という風にです。掲示板の性質がこのように変わってくると、以前のような書き込みは「古めかしい、みっともない」ものになってきているように思います。
 先の巨大地震の時にも各避難所にはまっさきに掲示板(蛇足ながら電子掲示板ではありません)が設けられ、安否情報が提供されていました。それくらい掲示板というのはインターネットの中心的な機能の1つであるということが言えると思います。インターネットが普及する以前、パソコン通信の時代も電子掲示板の提供とファイルの貯蔵場所というのがフォーラム(niftyの場合。インターネットのwebサイトに相当します)の2大機能でした。
 苦言を呈するわけではないので気になったら聞き流してくれたら良いのですが、お世話になっているwebサイト「統合TV」における口調は昔ながらの2ちゃんねるの口調にどうも似ているような気がします。例えば「 "○○を使い倒す" はちょっと言い過ぎなのではないかな?もしより正確に言うとすれば "○○のさわりを紹介する" なのでは?でもそれじゃムービー名にならないか。」と思ってしまうのです。なので、口調はもっと優しい言い回しの方が良いように思います。ところで以前紹介した日本語の論文紹介のwebページも「統合TV」の活動の1つだそうです。すごいですね。
 掲示板で思い出しましたが、以前京都大学の掲示板が電子化されたあとにその掲示板のシステムが壊れ、掲示板を売っていた会社も倒産してしまってシステムを直せる人がいないということで、仕方がないので電子掲示板の上から昔ながらの紙を貼っていた、という笑い話のような実話がありました。システムが壊れたときにも、誰か他の人が出てきて直すことができるように、基幹システムというのはソースコードをオープンにしないといけないのだなあと思いました。今はオープンソースのソフトウェアというのはソースフォージ(http://sourceforge.jp/)に置いてあるソフトウェアたちに代表されるように、いっぱいあります。

 

←インテリジェント・デザイン   →性決定

ホームページへ