「さよならは一度だけ」にも書きましたが、「あっ福井弁だ!」と爆笑してしまったのは、アンサーソング「さよならは一度だけ」の歌詞の「♪この想いは言葉では 言い表せ "れ" ないの」という部分でした。福井県は京都府と隣接しているのですが、言葉のイントネーションや、特殊な助詞の使い方など、関西弁や金沢の言葉とは微妙に異なる方言なのです。でも「れる・られる」が「可能の意味の助詞」というものに集中できたのなら(現在は尊敬語の意味も在る。私は「尊敬語」「謙譲語」は要らん、と思う)、「言い表せる」→「言い表せれる」も、自然な方向性なのかも。
 「ちりとてちん」のA子・B子の喋り方は、とても可愛かったのですが、これも福井の言葉とは微妙に違っている嶺南方言の小浜弁なのかも知れません。「標準語が微妙に混ざっているので難しい」のだそうです。
 盛岡の方言にも「〜した」に加えて「〜したった」、名古屋弁にも「〜なんだし」という伝聞調の表現があります。私は五平餅は全国区か盛岡の餅文化の商品のひとつ、と思っていたのですが、中京地方の名物らしいです。盛岡で食べた「うるち米の餅」は、「五平餅」とは違う「お茶餅(団扇餅の訛り)」というそうです。

 

←鈴鹿あたりには2本の狭軌   →「ダークブルー」仲間

ホームページへ